Vシネマ『湾岸フルスロットル』

湾岸フルスロットル2~ネクストバトル~

本日(2008年8月8日)、記念すべき百輔くんの主演作2本目、『湾岸フルスロットル2~ネクストバトル~』のレンタルが開始されましたheart01

発売は8月22日、前作と同様、レンタル先行です。

監督 池田哲也
商品番号 AVBF-26867
収録時間 90分
出演 水谷百輔、与座重理久 ちすん たむらけんじ 烏丸せつこ 夏木陽介ほか

ストーリーは、これから見る方も多いと思うので、本当につかみだけご紹介。

 **********

前作で、譲ってもらったGT‐Rのチューンナップに悩む駿(百輔くん)。Rマジックに無理やり頼み込んで、エンジンから組み立てなおすことにする。このあたりは、百輔くんとたむらけんじ、ロータリーエンジンが中心。それはもう、リアリティー追及しまくってます。ロータリーエンジン好きならたまらないシーンが満載です。

エンジンを削っているチューンナップのシーンも走行シーンも、制作スタッフの熱い思いがガンガン伝わってきて、素人の私ですら、見てて気持ちがよくなってきます。もちろん、思い通りに走れている時の百輔くんの表情も最高です。本当に気持ちよさそうです。そういう意味では、彼女とのシーンがなくてもいいような気すらしてしまうほどに、車のすごさや美しさ、魅力を伝えたい!!という作品に仕上がっています。
最後は、前の持主への思いを語る駿のモノローグ「あなたの思い描いた魂のFDに近づいて見せます・・・」の後、いきなり抜いていく1台の車・・・というシーンで終わります。駿の表情からは、何を考えたのかが読み取れないので、・・・3作目につながるのでしょうか?
DVDのトップメニューにある次回作の宣伝「ハイウェイバトルR×R」では、主演は別の人のようなので、3作目はこの2の評判次第かもしれませんね。

 *****************

それにしても、気持ちよく走っている時の百輔くんがとても素敵です♪ 個人的には、うまくいかないときの、無表情の中にちらっと不安な表情が走ったりするのもよかったりします。

22日には購入するにしても、ぜひ、レンタルしてくださいませ♪

 

前作の宣伝画像見つけたので張っておきます♪
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0063906/

(GYAO:視聴には手続きが必要な場合があります)

  

(おまけ)

Lドラ「Cafe吉祥寺で」が、秋のドラマ紹介記事として、各テレビ情報誌に載っています♪ちなみに、今手元にある「ザテレビジョン(首都圏版)」では、111ページに写真付きです。百輔くん真希ちゃんは、中山エミリさんの左側。金髪っぽいです。かわいいです。

| | コメント (0)

レンタル開始!『湾岸フルスロットル』

水谷百輔くん初主演の映画
『湾岸フルスロットル』

6月6日(金)、レンタルが開始されました!

湾岸フルスロットル 湾岸フルスロットル

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2008/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

早速、最寄のレンタルショップで借りてきました! 小さなショップなのに、“NEW新作”マーク付で、5本もおいてあって、すでに何本か借りられていました!! 本当にうれしかったです。ついにこの日がきたんですね♪祝!映画初主演!!

わくわくしながら、全部見ましたvv 主演って、いいですねvvv
心配しなくても、探さなくても、最初から最後まで、もうこれでもかってくらいに出ています。主役なので、当たり前っちゃ当たり前なんですが、こんな幸せでいいのかな~と、うれしさをかみ締めてますheart04

内容については、まだまだこれから見る方も多いと思いますので、ストーリーなんかは、ご自分の目で見てくださいな♪ 

感想としては、百輔くんのポジションというか、立ち居地が固まってきた気がして、とてもうれしく思っています。先日の「オサエロ」もそうでしたが、このDVDでも、見せるべきテーマ(今回は車ですね)が別にあって、主役としてテーマをしっかりと引き立てています。主役が飛びぬけて輝くというのではなく、作品全体を中心となって支えるしっかりとした“芯”になっています。

「湾岸フルスロットル」は、どんなに百くん贔屓の私が見ても、メインは車です。ネットでいろいろ検索してみても、登場する車目当てに借りている人がほとんどです。実際、映画では、車が走るシーンが非常に多く、また、チューニングに対しても、非常に詳しく、本格的な内容でした。
それに対して、百輔君がしっかりとストーリーの中心としての主役を務めている姿が、とてもよかったです。冷静で、真面目で、素直で、本当に車を愛している堂上駿という役は、まさに百輔くんがはまり役です!
(個人的には、笑顔がいっぱい見れて、真剣な表情もいっぱい見れて、台詞もたくさんだし、もう最高です♪♪ いい情報をもらったときに、笑顔でお礼を言うところなんて、こんな表情してくれるなら何でもしてあげたいって気になってしまいます。いいなぁ、最高です~vvv)

  

8月に続編「湾岸フルスロットル2」が製作(レンタルと販売?)されるそうです。 この調子で、何本も作って欲しいですね♪

まずは大きな第一歩、映画初主演を心からお祝いしたいと思います。
早く販売開始日の27日にならないかな。また借りてきてしまいそうです。

| | コメント (0)

「湾岸フルスロットル」販売詳細♪

Vシネマ『湾岸フルスロットル』

レンタル開始日:2008/06/06
セルDVD発売日: 2008/06/27

商品番号: AVBF-26849
収録時間: 90分

<仕様>
レコード・フォーマット: 片面1層
サイズ: 16:9LB
リージョン: 2
カラー
Encoding: MPEG-2
音声 :日本語: Dolby Digital 2chステレオ

<内容>
NEW GTーR、RX-7が繰り広げる"究極最速"バトル!
時速300Kmを体感せよ!!
 
Photo_2 国産最速マシン NEW GT-R (CBA-R35)が早くも映像に! 峠を舞台とするドリフトものが主流の中、待望の首都高湾岸線を舞台とした最高速ものを製作すべく、ロータリーのチューニングにかけては業界一のR Magicが全面協力・監修のもと、NEW GT-R VS RX-7の≪究極の最速バトル≫が誕生! CGを一切使わずあくまで実写によるカー・アクション、超リアルなチューニング・シーンにこだわり、ロータリー・エンジン VS レシプロ・エンジンの闘いが実現。『ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT』に車両提供をしているトップシークレットのNEW GT-Rが早くも映像に登場し、観る者は300kmオーバーの世界を体験する!
『ワイルド・スピード』『頭文字D』の原点となった『湾岸ミッドナイト』オリジナル・スタッフが再び集結!!
 
監督・脚本は「ガメラ」(’95)「Shall We ダンス?」「CURE/キュア」や「湾岸ミッドナイト」全6作品の製作に関わった池田哲也。
また、『NANA』「ごくせん」「篤姫」などで注目の若手俳優・水谷百輔や、ちすん、与座重理久、烏丸せつこ、夏木陽介等の豪華出演陣の他、ふんどし姿に獅子舞で有名なピン芸人“たむけん”こと、たむらけんじ。  

<あらすじ>
GT-Rで湾岸道路を駆ける堂上駿は、ある日走行中にRX-7に遭遇する。結果、パワーでは決して負けてないはずのGT-RがRX-7にあえなく敗北する。それだけではなく、そのRX-7のドライバーは目前の事故から駿を救ってくれたのだった。以来、駿はその事が頭から離れず、自らのGT-Rのチューンナップに励み、もう一度あのRX-7と勝負をするために、湾岸をひたすら走る。しかしいくら走ってもあのRX-7には遭遇できなかった・・・。

NEW GT-R (CBA-R35)、RX-7 (FD3S)、GT-R (BNR32、34)、スープラ (JZA80)、ランサーエボリューション GSR、MR2、シルビア S14、他

<出演>
水谷百輔 与座重理久 ちすん たむらけんじ 夏木陽介 ほか

<販売サイト>
Amazon(アマゾン) 
楽天
セブンアンドワイ 
neoing

参考までに・・・価格比較サイトもありますが、結局Amazonが一番安いみたいですね~。

  

とりあえず、レンタル開始の6月6日が先♪
それよりもなによりも、5月16日の「オサエロ」まであと1ヶ月ちょっと♪♪本当にわくわくする春です♪

 

 
面白いので、ちょっとやってみました↓

 

 

 

| | コメント (0)

百輔くん Vシネマ主演です!!

紫式部ものがたりの余韻も覚めやらぬなか、主演舞台『オサエロ』に続き、Vシネマ主演というビックニュースが入ってきました!

『湾岸フルスロットル』

2008年6月6日 レンタル&セル開始

首都高湾岸線を舞台にしたカーアクション作品。新型のGT―RとRX―7がバトルを繰り広げる。

Yahoo!レンタル情報
スポニチアネックス 記事
goo映画
毎日新聞

出演:水谷百輔、与座重理久、ちすん、たむらけんじ、夏木陽介

実は、舞台「そうぢ!」のロビーにスタッフの方からお花が贈られているのを見ていましたので、どんな作品なのか、いつ発表になるのかと心待ちにしておりました。

たむらけんじが出演するということがニュースになっていましたが、具体的な内容はまだよくわかりません。詳細がわかりましたらお知らせしますね。
5月の主演舞台、6月の映画主演、最高ですね!!

以前、雑誌のインタビュー記事で、25歳までに映画に主演することが目標、とありましたが、22歳で達成してしまいましたvvv さすがです。

| | コメント (0)