« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

レンタル開始!『湾岸フルスロットル』

水谷百輔くん初主演の映画
『湾岸フルスロットル』

6月6日(金)、レンタルが開始されました!

湾岸フルスロットル 湾岸フルスロットル

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2008/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

早速、最寄のレンタルショップで借りてきました! 小さなショップなのに、“NEW新作”マーク付で、5本もおいてあって、すでに何本か借りられていました!! 本当にうれしかったです。ついにこの日がきたんですね♪祝!映画初主演!!

わくわくしながら、全部見ましたvv 主演って、いいですねvvv
心配しなくても、探さなくても、最初から最後まで、もうこれでもかってくらいに出ています。主役なので、当たり前っちゃ当たり前なんですが、こんな幸せでいいのかな~と、うれしさをかみ締めてますheart04

内容については、まだまだこれから見る方も多いと思いますので、ストーリーなんかは、ご自分の目で見てくださいな♪ 

感想としては、百輔くんのポジションというか、立ち居地が固まってきた気がして、とてもうれしく思っています。先日の「オサエロ」もそうでしたが、このDVDでも、見せるべきテーマ(今回は車ですね)が別にあって、主役としてテーマをしっかりと引き立てています。主役が飛びぬけて輝くというのではなく、作品全体を中心となって支えるしっかりとした“芯”になっています。

「湾岸フルスロットル」は、どんなに百くん贔屓の私が見ても、メインは車です。ネットでいろいろ検索してみても、登場する車目当てに借りている人がほとんどです。実際、映画では、車が走るシーンが非常に多く、また、チューニングに対しても、非常に詳しく、本格的な内容でした。
それに対して、百輔君がしっかりとストーリーの中心としての主役を務めている姿が、とてもよかったです。冷静で、真面目で、素直で、本当に車を愛している堂上駿という役は、まさに百輔くんがはまり役です!
(個人的には、笑顔がいっぱい見れて、真剣な表情もいっぱい見れて、台詞もたくさんだし、もう最高です♪♪ いい情報をもらったときに、笑顔でお礼を言うところなんて、こんな表情してくれるなら何でもしてあげたいって気になってしまいます。いいなぁ、最高です~vvv)

  

8月に続編「湾岸フルスロットル2」が製作(レンタルと販売?)されるそうです。 この調子で、何本も作って欲しいですね♪

まずは大きな第一歩、映画初主演を心からお祝いしたいと思います。
早く販売開始日の27日にならないかな。また借りてきてしまいそうです。

| | コメント (0)

『BiDaN2008年7月号』

こんにちは♪ いきなり梅雨入りしましたね。そんな中、オフィスジュニアのサイトを見ると、さりげな~く 雑誌情報が増えていました。

『BiDaN』2008年7月号です。
どこに載っているのか、相当探してしまいました。
百輔くんが載っているのは123ページです!いつもBiDaNではファッション系で載っていましたが、今回はちょっと趣が違います。
「~人気スターの心に残る本を紹介~“人生のBEST3”」
百輔くんが紹介してくれた3冊は、『GO』金城一紀著(講談社)、『成り上がり』矢沢永吉激論集(角川文庫)、『さまよう刃』東野圭吾著(朝日新聞社)です。それぞれの本を簡単に紹介して、どこに感動したのかを一言ずつコメントしてくれています。

このほかに、『ろくでなしBLUES』森田まさのり(集英社)も男として生きることのかっこよさを学んだと紹介しています。・・ってこれは漫画ですね。

自分で何かを書くとしたら?との質問に、“人生の中で、あの時こうすれば良かったな・・と過ぎてしまって達成することができない思いを書いてみたい”だそうです。また、やってみたい役として、ヤングサンデーに連載中の「Rainbow-二舎六房の七人-」のアンチャンの名前を挙げています。“最初のほうで死んでしまう役柄ですが、物語のテーマである「友達」を描く上で欠かせない存在だから”とのこと。

どんな漫画かと調べてみたら、2006年小学館漫画賞大賞を受賞しているんですね。下のサイトで1話だけ読めます。続きも読んでみたいと思わせる迫力がある作品ですね。アンチャンって、なんだかすごくすごくかっこいい役どころです。
http://www.youngsunday.com/rensai/comics/rainbow.html

百輔くんの人生の3冊+α、是非とも全部読んでみたいものですね♪
ちなみに、記事にモノクロ写真が載っていますが、先月号(6月号)の099ページの写真と同じでした。写真くらい別に撮ってくれればいいのにね~。それだけがちょびっと心残りです。

 

いよいよ6月6日が迫ってきました。販売はまだしばらく先ですが、我慢できなさそうなので、最寄りのTSUTAYAに入荷するかどうか調べておくことにします。ではではでは♪

| | コメント (0)

『smart2008年7月号』

発売日にはGETしていたのに、レポートしてませんでした。申し訳ありません~

smart (スマート) 2008年 07月号 [雑誌] さて、『smart2008年7月号』です。

まずは目次に注目です☆
「p158 俳優 水谷百輔が着こなす注目4ブランド
smart Favorite Brands!!」

本文は、なんと4ページ丸まるフルカラー!! “人気若手俳優が注目ブランドを着こなす”コーナーで、「ファッション撮影の裏側」というテーマです。ブランドに一切全く知識がない私には、どのくらいおしゃれブランドなのか、さっぱりですが・・・、紹介しているのは「ANDSUNS(アンドサンズ)」「Xfrm(トランスフォーム」「NICOLE CLUB FOR MEN(ニコルクラブフォーメン)」「BURTON(バートン)」の4つです。
「ANDSUNS」では、“ストリートを体感してきた大人に向けて提案。今期のアイテムには、現状に甘えず、もっと攻撃していくことにより、さらに高いレベルへ行こうという気持ちが表現されている”とのことで、Tシャツにスカイブルーのシャツを羽織り、まぶしい笑顔で飛び跳ねている百輔くん・・をカメラマンが撮影しているシーン。はじけてます♪はねています♪♪ 百輔君のこの姿、攻撃的というよりも、炭酸飲料水のコマーシャルのようです。
 「Xfrm」は、“悪ガキから「大人の不良」へトランスフォーム(変身)できる、ゴージャスかつラグジュアリーな商品で新しいスタイルを提案。今期は「輝き」と「闇」をテーマに、素材やデザインにこだわったアイテムをリリース”だそうで、黒いレザーベストに白いベルト、カチッとした靴がかっこいいです。手にはコーヒーカップを持っています。大人の不良・・・を表現するのは、ちょっとまだ若すぎかも。私の好みでは、ドンさんくらいの年齢がほしいかな? でも、スタイリッシュな感じでとても決まっています。
「NICOLE CLUB FOR MEN」は、“Tansgenic Costume(新たな遺伝子を持った服)をテーマにした今期は、実力はブランドらしく、斬新なディテールやアレンジで、常にハイクオリティなアイテムをリリース”・・・ということで、カジュアルでおしゃれな感じの百輔君。撮影用のライトの脇で、撮影用の機器(フィルムとか?)が乗っているワゴンに手をかけて、メモを読んでいます。黒い帽子、白いTシャツにしわ加工された赤紫系のチェック模様のシャツを重ねて、ジーンズにサンダルです。4枚のうち、一番これが気に入りました♪ 真剣な表情が素敵です♪
「BURTON」“昨年11月に国内2店舗目の直営店を大阪にオープン、スノーボードはもちろんのこと、バッグやアパレルの充実度でも注目されている。トラベルバッグが充実した今期のアイテムからも目が離せない”ということで、大きなトラベルバッグを引いて、スタジオから出て行くかのようなポーズです。白い帽子なのでしょうが、頭にタオルを巻いている若い職人さんのようで、結構グッときます(←個人的な趣味です。ガテン系も好き♪)。

4つのブランドともに、4点ずつ、欄外に商品が紹介されています。
百輔君は、すべて白いTシャツを着ていて、イメージが統一されてていいですね。(爽やかな)若手俳優という肩書きにあわせてでしょうね。「smart」では、今まで何度も登場していますが、どんどん扱いが大きくなってきてうれしいです。この号は、オリジナルドラムバッグがついていて、紐でくくられていますが、4ページ分も載っているので、迷っている方も、是非買ってくださいね♪ 

蛇足ですが、このオリジナルバッグ、あまり持っていない形なので、結構使い勝手がよくて重宝しています。
 

では。次は6月6日、主演映画のレンタル開始です。
篤姫は、しばらくでないらしいようなうわさを聞いているので、気軽に見ていますが、結構面白いです♪ 次に出演するまでに、着々と地デジ化計画を進行中で~す。たくさん出てくれるようになるといいなっと♪

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »