« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

『BiDaN 2008年6月号』

こんにちは。関東地方では、今日は暑いくらいの陽気でした。週末のGWは旅行に出かける予定なので、もう少しさわやかなくらいの晴天だとありがたいです(←ぜいたく)。

さて。本日は、「BiDaN 6月号」の発売日です。公式には5月1日発売号ですが、なぜか毎月最終日には本屋に出ているそうです。
BiDan (ビダン) 2008年 06月号 [雑誌] 早速、最寄の書店で購入してきました。百輔君の記事は099ページ左側です。“TOKYO REAL STYLE 100 若手俳優や原宿のおしゃれピープルが春夏スタイルで大集合!!(略)” ・・という特集です。若手俳優のうち、百輔くんは005。私の拙い説明の前に、記事を引用させていただきます~

○シャープさとやわらかさをMIXさせたパーマスタイル。前髪はストレートでタイトにおさえ、バックはパーマで動きをつけました。
○コーデのポイント:ノースリーブのパーカとシャツのレイヤードのシルエットはボトムスのラインに合わせるとバランスがよくなり、きれいですっきりとした印象になります。

・・・だそうです。百輔君はそもそもの中身が本当に魅力的でまぶしいので、どんな髪型にしてもどんなコーディネートでも、ため息ものですが、今回の髪型は、今までにないお茶目な感じがします。長めの前髪に、エリ元から外にはねた髪がのぞいています。なんだか面白い髪型ですね。
ファッションも、濃いブルーの7分袖シャツの上に淡い水色の半袖ワイシャツ、さらに安全ピン?の模様の袖なしパーカを重ねています。ボトムは青緑のパンツに、濃いピンクのチェーンと、とてもカラフルでカジュアルなスタイルです。面白いです。最近は、平安時代や江戸時代の姿を見慣れていたので、なんだかラフな格好を見るのが久しぶり~って感じです。まぁ、舞台以外では、普通におしゃれな格好しているんでしょうけどね。(←当たり前)

インフォメーションでは、DVDシネマ『湾岸フルスロットル』と、舞台『オサエロ』の告知がされています。どちらにも“初主演”と書かれてあるのが、本当にうれしいです♪♪

さ、次はminaの発売だ♪ 明日も本屋さん寄ってみてみますね♪あるといいな♪

| | コメント (0)

『SOHJI~そうぢ!』(ネタ?バレあり注意)

こんにちは!
本日、舞台『そうぢ!』のDVDが届きました!!
うかつにも発売日のことを忘れていたので、リアルにサプライズプレゼントでしたheart04  うきうきして、幸せいっぱい気分ですsign01 

ちなみに、舞台『SOHJI~そうぢ!~』は、2008年1月19日~27日、本多劇場にて行われたお芝居です。主演は石井正則(アリとキリギリス)、柳浩太郎、大林素子、高杉瑞穂(敬称略)などが出演しています。新撰組の屯所での一日を描いた、笑いあり、感動あり、考えさせられるところあり、涙あり・・・でした。ちなみに作・演出はIHOの林邦應氏です。

SOHJI・そうぢ! SOHJI・そうぢ!

販売元:ビデオメーカー
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD2枚組。DISK1は本編収録(120分)、DISK2が特典ディスク(45分)です。特典ディスクには、出演者や林邦應さんのインタビューと稽古風景、それからなんと、舞台上演期間に迎えた水谷百輔君誕生日風景が収録されています!

誕生日では、出演者のみんなに歌でお祝いされ、ケーキのろうそくを吹き消していました。百輔君、本当に本当にうれしそうでした。「おいくつになられましたか!」と石井さんに尋ねられて、「22歳です!!」と答えていました。誕生日のお祝いをこんな風に収録してもらえるのって、最高です! それを見ることができるのは、本当にファン冥利に尽きるってものです。
1月24日の当日、かなりの無理を押して舞台を見に行きましたが、楽屋裏ではそんなお祝いがあったのかと思うと、本当にうれしい気持ちでいっぱいになります。今さらですが、百輔君、最高に素敵なお誕生日になってよかったですね! 

 

順序が前後しますが・・・DISK2のインタビューでは、「今回の舞台の感想は?」「厳しい副長 土方歳三役ですが 本当は?」「役作りのポイントは?」「台本を読んでの第一印象は?」「水谷さんが思う見所は?」というテーマについて答えていました。

紫式部ものがたりのパンフレットでも思いましたが、ここしばらくの百輔君の成長が著しいなぁと感じているのはこういうところです。舞台でも役者として、観るたびに驚かされているのももちろんですが、こういうインタビューに対して、役作りや見せ場、考え方について語っている姿が、もう堂に入っています。以前の初々しい魅力から、大人の男の魅力がにじみ出てくるようで、ますます素敵に輝いてきてるなあと思います。
ちなみに、これらのテーマにどう答えているかは、是非購入して見てください♪是が非でも♪

「稽古風景」は本番さながらで、NGシーンなど一切ありませんでした。稽古を見つめる演出やスタッフ、出番を待つ役者さんたちが背景に映っていて面白かったです。土方百くんは、「こいつを沖田総司に仕立て上げる!」というシーン。“あ、汚ねぇ~!”という台詞の声が裏返ってました(笑)。その後、沖田「でもそうじの字はちに点々にしてください」のシーンなどが収録されていました。あとラスト近くのシーンとか。

 

DISK1 本編は、今見ているところです。プロの方が撮影しているだけあって、まるでテレビドラマを見ているようです。役者さんをアップにしたり、アングルが変わったりと、座席から舞台を見ているのとはまた違った面白さがありますね。それから、舞台では、話を聞き逃したりするのが恐くてオペラグラスを使ったり、見とれていたりするのができないのですが、(緊張感をもって観られるので、それもまた舞台の魅力のひとつでもありますが)、DVDでアップにしてもらえると、見とれつつ、話も理解できてというお得感があります。これからじっくり何度でも観ようと思っています。

  

参考までに、パッケージの裏側には、舞台の紹介がされていました。
“この物語は、池田屋騒動で日本中が新撰組を注目している今こそ、一気に人気者になるべく、一人のアイドルを創ろうと、右往左往する男たちの姿を忠実とフィクションを織り交ぜつつ、おかしく、切なく描くものである。”

“幕末のカリスマストーリー~
創られた伝説に翻弄され七転八倒する、切なくおかしい男たち・・・激動の時代を駆け抜けた男たちの生き様をきちんと描きつつ、おかしくも切ない幕末ハートウォーミングコメディ。劇団たいしゅう小説家 第14回公演”

名場面がコラージュされていて、何故か百くんは寄り目顔でした(かわいいけど、何故このシーンなのか?)。

 

『SOHJI~そうぢ!』 のDVDの話は以上です。舞台を見逃した方はもちろん、観た方も是非購入をお勧めします! 舞台上の百輔君の魅力は、ドラマとはまた違います! のびのびと、堂々と演技する姿を自宅でこれだけ堪能できるなんて、もう最高です!

  

****************

おまけ情報。

テレビ東京・水曜ミステリー9『指紋は語る3』の放送日は、5月14日になったようですね。他の出演者の方のサイトでちらちら出始めています(7日説もまだ残っていますが)。ちなみに、BS JAPANでは18日(日)になりそうです。

雑誌発売情報に追加(オフィスジュニアサイトより)。
5/7 デュエット に記事があるようです。
オフィスジュニアのサイト、デザインが変わりましたね♪ 見やすくなりました♪

 

最後に。いよいよ 百輔君初主演の舞台「オサエロ」が近づいてきました。これはお祝いせずばなるまい!ということで、有志で『お花を贈ろう企画』を立てています。参加していただける方!コメントかメールくださいませ♪お待ちしています♪

| | コメント (0)

雑誌情報ありました♪

あったかくなってちょっと浮かれています♪

所属事務所 オフィスジュニアのサイトで、百くんの情報が更新されていましたね♪

  • BiDaN 6月号(5/1発売)
  • mina 5/2発売号 
  • BiDaNはもう常連です♪ minaっていうのは・・・これかな?
     

    詳細分かり次第 お伝えしますね♪

     

    <※未確認情報!ですが※>
    “ネットの風の噂”で、水曜ミステリー9『指紋は語る3』の放映日がそろそろだと聞きました♪ こちらも 確認取れたらお伝えします♪ 
    ※まだ確認作業中(←くどい?)

    | | コメント (0)

    篤姫・・・・出演?!

    こんにちは。ひさしぶりの連投更新です。

    本日(4月13日)、NHK大河ドラマ『篤姫』、オープニングの出演者に、西郷従道役、水谷百輔君の名前がでました!

     

    結論から言うと・・・現在未確認です(大汗
    8時15分頃くらいの、薩摩屋敷のシーンだと思うのですが、最近あたらしく建ったマンションのせいで、NHKがきれいに見えないんです(泣
    とっととケーブルテレビにでも加入すればいいのですが・・・
    見分けられた方、是非ご一報ください。

    ついでに・・・3月9日放映の第10話にも出演者に名前が出ていましたが、確認できていませんので、そちらもよろしくお願い申し上げます。

     

    全く実質のない更新ですが・・・一応 報告まで・・・すみません。

     

    | | コメント (4)

    「湾岸フルスロットル」販売詳細♪

    Vシネマ『湾岸フルスロットル』

    レンタル開始日:2008/06/06
    セルDVD発売日: 2008/06/27

    商品番号: AVBF-26849
    収録時間: 90分

    <仕様>
    レコード・フォーマット: 片面1層
    サイズ: 16:9LB
    リージョン: 2
    カラー
    Encoding: MPEG-2
    音声 :日本語: Dolby Digital 2chステレオ

    <内容>
    NEW GTーR、RX-7が繰り広げる"究極最速"バトル!
    時速300Kmを体感せよ!!
     
    Photo_2 国産最速マシン NEW GT-R (CBA-R35)が早くも映像に! 峠を舞台とするドリフトものが主流の中、待望の首都高湾岸線を舞台とした最高速ものを製作すべく、ロータリーのチューニングにかけては業界一のR Magicが全面協力・監修のもと、NEW GT-R VS RX-7の≪究極の最速バトル≫が誕生! CGを一切使わずあくまで実写によるカー・アクション、超リアルなチューニング・シーンにこだわり、ロータリー・エンジン VS レシプロ・エンジンの闘いが実現。『ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT』に車両提供をしているトップシークレットのNEW GT-Rが早くも映像に登場し、観る者は300kmオーバーの世界を体験する!
    『ワイルド・スピード』『頭文字D』の原点となった『湾岸ミッドナイト』オリジナル・スタッフが再び集結!!
     
    監督・脚本は「ガメラ」(’95)「Shall We ダンス?」「CURE/キュア」や「湾岸ミッドナイト」全6作品の製作に関わった池田哲也。
    また、『NANA』「ごくせん」「篤姫」などで注目の若手俳優・水谷百輔や、ちすん、与座重理久、烏丸せつこ、夏木陽介等の豪華出演陣の他、ふんどし姿に獅子舞で有名なピン芸人“たむけん”こと、たむらけんじ。  

    <あらすじ>
    GT-Rで湾岸道路を駆ける堂上駿は、ある日走行中にRX-7に遭遇する。結果、パワーでは決して負けてないはずのGT-RがRX-7にあえなく敗北する。それだけではなく、そのRX-7のドライバーは目前の事故から駿を救ってくれたのだった。以来、駿はその事が頭から離れず、自らのGT-Rのチューンナップに励み、もう一度あのRX-7と勝負をするために、湾岸をひたすら走る。しかしいくら走ってもあのRX-7には遭遇できなかった・・・。

    NEW GT-R (CBA-R35)、RX-7 (FD3S)、GT-R (BNR32、34)、スープラ (JZA80)、ランサーエボリューション GSR、MR2、シルビア S14、他

    <出演>
    水谷百輔 与座重理久 ちすん たむらけんじ 夏木陽介 ほか

    <販売サイト>
    Amazon(アマゾン) 
    楽天
    セブンアンドワイ 
    neoing

    参考までに・・・価格比較サイトもありますが、結局Amazonが一番安いみたいですね~。

      

    とりあえず、レンタル開始の6月6日が先♪
    それよりもなによりも、5月16日の「オサエロ」まであと1ヶ月ちょっと♪♪本当にわくわくする春です♪

     

     
    面白いので、ちょっとやってみました↓

     

     

     

    | | コメント (0)

    百輔くん Vシネマ主演です!!

    紫式部ものがたりの余韻も覚めやらぬなか、主演舞台『オサエロ』に続き、Vシネマ主演というビックニュースが入ってきました!

    『湾岸フルスロットル』

    2008年6月6日 レンタル&セル開始

    首都高湾岸線を舞台にしたカーアクション作品。新型のGT―RとRX―7がバトルを繰り広げる。

    Yahoo!レンタル情報
    スポニチアネックス 記事
    goo映画
    毎日新聞

    出演:水谷百輔、与座重理久、ちすん、たむらけんじ、夏木陽介

    実は、舞台「そうぢ!」のロビーにスタッフの方からお花が贈られているのを見ていましたので、どんな作品なのか、いつ発表になるのかと心待ちにしておりました。

    たむらけんじが出演するということがニュースになっていましたが、具体的な内容はまだよくわかりません。詳細がわかりましたらお知らせしますね。
    5月の主演舞台、6月の映画主演、最高ですね!!

    以前、雑誌のインタビュー記事で、25歳までに映画に主演することが目標、とありましたが、22歳で達成してしまいましたvvv さすがです。

    | | コメント (0)

    « 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »